2023年09月14日

秋も夏がつづく。

9月に入っても30度を超す暑さが続く、とはいえ、白菜・キャベツの定植、ホウレンソウ・大根の種まき、サニーレタスの植え込みなど、9日・10日の猛暑の中に実施。植え込んだ先からしおれてしまう苗、やけて枯れてしまいそうな大根の芽だったりで、不織布で日傘をつくってあげた。水やりも必要だ。
そんな定期的な水やりのおかげで、ダウン寸前状態で植え直した松本一本ネギは、立ち直りつつある。秋取りキュウリも定植。これも水やりが欠かせない。

DSC04704s.jpgDSC04719s.jpgDSC04729s.jpgDSC04692s.jpg
夏野菜も酷暑から脱して少し復活しつつある。9月の今が例年の夏の気温だ。ナスやニラと混植のロケット(多年草ルッコラ)も元気を取り戻しつつある。
DSC04701s.jpgDSC04707s.jpgDSC04726s.jpgDSC04713s.jpg

現在の自給可能野菜
らっきょう、オクラ、ピーマン、ナス、タマネギ、ニンニク、ロケット(多年草ルッコラ)、イタリアンパセリ、インゲン、ジャガイモ
posted by BEN at 10:48| Comment(0) | 日記

2023年07月30日

酷暑の夏は草と共生。

8月を目前に、連日35度を超える猛暑だ。土壌生物と微生物を守るため、日陰をつくり、朝露をためる草との共存は欠かせない。遅蒔きのキュウリは草に守られて成長中。

DSC04579s.jpgDSC04584s.jpg

日射の強さのおかげでオクラ、ズッキーニは最盛期、ナス、ピーマンも収穫期に。ただ、根ばりが悪いのかトマトの色づきが遅い。

DSC04594s.jpgDSC04593s.jpgDSC04581s.jpgDSC04589s.jpg


現在の自給可能野菜
ミニトマト、らっきょう、オクラ、ピーマン、ナス、キュウリ、ズッキーニ、タマネギ、ニンニク、ルッコラ、ジャガイモ
posted by BEN at 13:13| Comment(0) | 日記

2023年07月17日

ジャガイモ収穫。

連日35度近い猛暑だ。なので、草の処理は後回し。今日は成長不良で草に覆われてしまったジャガイモを救出収穫。やはり、小粒だ。引き換え、枝豆を筆頭に、夏野菜はぐんぐん成長中。しかし、トマトは少し成長不良、キュウリとズッキーニは、あまり雌花が咲かない状況だ。

DSC04483s.jpgDSC04507s.jpgDSC04491s.jpgDSC04493s.jpg

DSC04497s.jpgDSC04501s.jpgDSC04496s.jpgDSC04487s.jpg

現在の自給可能野菜
キュウリ、ズッキーニ、タマネギ、ニンニク、ルッコラ
posted by BEN at 15:07| Comment(0) | 日記